マルサンの男 Vol.7

「彼、物足りなかったの…」たった2年で離婚を決めた夫婦。女が、他の男に走った本当の理由とは

男も女も、誰だって恋愛しながら生きていく。

だから愛するカレには、必ず元カノがいる。

あなたの知らない誰かと過ごした濃密な時間が、かつて存在したかもしれないのだ。

愛するカレは、どんな相手とどんな人生を歩んでいたのか――?

幸せな未来のため、相手の過去を知ることは、善か悪か。

あなたは、愛する相手の過去が、気になりますか?

◆これまでのあらすじ

29才の南美は、6才年上の恋人・数也がプロポーズを考えていると知り、幸せの絶頂にいたが、それと同時に、これまで意識していなかった彼の2度の結婚歴がどうにも気になっていく

出張先のクアラルンプールにて、数也が2番目の妻・福原ほのかと密会した疑惑が深まる

南美は友人たちの協力のもと、数也の1番目の妻・竹中桜と会い、数也にはヒラキマホという浮気相手がいたことを知った。

そんな中、数也と交際2年記念のディナーを前に、南美は福原ほのかとランチすることになったが…。


「『俺、バツ2だけど、付き合ってくれないかな?』って言われたんです」

「ウソー。数也君がホントにそう言ったの?」

南美の前で、福原ほのかは明るく笑い飛ばす。

「アハハハ。数也君らしいなあ」

虎ノ門ヒルズ51階、『アンダーズ タヴァン ラウンジ&バー』の、ほのか......


【マルサンの男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo