マルサンの男 Vol.13

「本当はだらしない男なんだ…」妻を失って他の女性と愛を育んでいた男の、涙の謝罪とは

男も女も、誰だって恋愛しながら生きていく。

だから愛するカレには、必ず元カノがいる。

あなたの知らない誰かと過ごした濃密な時間が、かつて存在したかもしれないのだ。

愛するカレは、どんな相手とどんな人生を歩んでいたのか――?

幸せ未来のため、相手の過去を知ることは、善か悪か。

あなたは、愛する相手の過去が、気になりますか?

◆これまでのあらすじ

29才の南美は、6才年上の恋人・数也がプロポーズを考えていると知り、幸せの絶頂にいた。だが同時に、彼の2度の結婚歴が気になり始める

二人の元妻たちと密会するが、その行動に気づいた数也から別れを告げられてしまう

しかも数也には3度の結婚歴があると判明。最初の妻・平木真穂とは交通事故で死別していたのだ。

かつての恋人・拓郎の知らせで、数也の本心を知った南美は、彼を連れて真穂の遺族のもとへ向かうのだった。


世田谷区の閑静な住宅街はすっかり秋が深まり、昼過ぎでも、辺りは夕焼けのような柔らかいオレンジの陽に包まれている。

3代続く老舗の蕎麦屋には、のれんが掛かっていなかった。

ここは平木真穂の実家だ。事前に訪問することを告げると、今日は休業日とのことだった。

「来るのは何......


【マルサンの男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo