マルサンの男 Vol.6

「バレなきゃいいけど…」。彼からのプロポーズ2日前に、女が密かにメールを送った相手

男も女も、誰だって恋愛しながら生きていく。

だから愛するカレには、必ず元カノがいる。

あなたの知らない誰かと過ごした濃密な時間が、かつて存在したかもしれないのだ。

愛するカレは、どんな相手とどんな人生を歩んでいたのか――?

幸せな未来のため、相手の過去を知ることは、善か悪か。

あなたは、愛する相手の過去が、気になりますか?

◆これまでのあらすじ

29才の南美は、6才年上の恋人・数也がプロポーズを考えていると知り、幸せの絶頂にいたが、それと同時に、これまで意識していなかった彼の2度の結婚歴がどうにも気になっていく

出張先のクアラルンプールにて、数也が2番目の妻・福原ほのかと密会した疑惑が深まる

南美は友人たちの協力のもと、数也の1番目の妻・竹中桜と会い、数也にはヒラキマホという浮気相手がいたことを知るが…。


「それさ、もはやストーカーだよ」

山手通りを中目黒から池尻大橋のほうへ歩きながら、南美がここ数日間にこなした“ミッション”を、茉里奈はばっさりと切り捨てた。

秋の入り口、時刻は18時30分。パラパラと霧状の小雨が降りだして肌寒く、人々はうつむきながら行き交っていく。
......


【マルサンの男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo