冬は、鍋があるから許す Vol.16

土鍋ごはんが泣けるほど旨い!確実に美味い飯を食べたい日にぴったりな名店!

  • 「鮭西京焼きといくらのたきこみごはん」(4,000円)。どこを食べてもご飯だけになることはなく、鮭の身といくらの食感をしっかり感じられる

  • 『あそこ』ならば夜遅くでも旨いものをたべさせてくれることを、麻布十番で遊ぶ大人は知っている

  • 「三陸産あわびのステーキ 肝バター」(8,000円)※時期によりあわびの産地は異なる

  • 「神戸牛ざぶとんの炙りわさびしょうゆ」(8,000円)※部位は日により異なる

  • 写真手前「京なすの揚げ出し」(1,000円)写真奥右)「新いか」(2,000円)、写真奥左)「かんぱち」(2,000円)。お酒は「かめしずく」(1,000円)

  • メニューは全てちょうどふたりで食べきれる程度の量が出る。量は半量にも倍にも応じてくれ、メニューにない料理も可能な範囲で作ってくれるなど、わがままが叶うのが嬉しい

  • 食べきれなかったらお持ち帰りもさせてくれるのも嬉しい心遣い

  • 男性客が多いそうだが、女性の一人客も少なくない

もどる
すすむ

1/9

もどる
すすむ

【冬は、鍋があるから許す】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo