200億の女 Vol.8

女心を巧みに操って、2億円を騙し取ったと言われる男の、現実離れした言い訳

騙されたのは女か、それとも男か?
「恋」に落ちたのか、それとも「罠」にはまったのか?

資産200億の“恋を知らない資産家の令嬢”と、それまでに10億を奪いながらも“一度も訴えられたことがない、詐欺師の男”。

そんな二人が出会い、動き出した運命の歯車。

200億を賭けて、男と女の欲望がむき出しになるマネーゲームはやがて、日本有数の大企業を揺るがす、大スキャンダルへと発展していく。

男が最初の駒に選んだのは、令嬢の部下だった。男の計画通り…令嬢はジワジワと追い詰められたように見えたが、簡単には騙されず男を圧倒する。そして、令嬢のには、彼女が知らない秘密があった。


『神崎智さま。あなたのご主人の大輝さんは、あなたを裏切っています』

『出会ったときから今まで、ずっとあなたを騙している』

『あなたたちの結婚は偽物で、彼の打算的なものだ。彼はあなたが思っているような人間ではない』

―抽象的ね。

会社のデスクに到着したと当時に、......


【200億の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo