実家暮らしの恋 Vol.6

「外ヅラがいい女性ほど危険…」20代同棲カップルの僅かな綻びを見抜いた、ベテラン女子社員の本音

東京で1人暮らしを始める際、家賃の高さに目を疑う人も多いのではないだろうか?

特に23区の人気エリアでは、狭い1Kでも10万円を超えることはザラ。まだ収入の低い20代の若者たちの中には、“実家暮らし”を選択する者も少なくない。

家賃がかからない分可処分所得が多くなり、その分自分の好きなことにお金を使えることは、大きなメリットだ。

大手総合商社で働く一ノ瀬遥(28)もそのうちの一人。

仕事は完璧、また収入の大半をファッションや美容に投資できる彼女はいつも隙なく美しく、皆の憧れの的。最近は新しい彼氏もでき、全てが順風満帆…のはずだったが!?

お互いが実家暮らしであることにショックを受けた遥と圭介。圭介が彼女との時間を作ろうと前向きに考えているのも知らず、遥は「一緒に住みたい」と泣きだしてしまう。遂に同棲に踏み切った遥と圭介の今後はどうなる??


何もかもが新鮮で楽しい、同棲生活がスタート


日曜の朝、新しいカーテンを掛けたばかりの窓から日が差し込んでいる。

恵比寿駅から徒歩約10分の1LDK。

お互いの両親から同棲の承諾を得た2人は、昨日引っ越しを終えたばかり。付き合ってから半年ちょっと。他のカップルなら「マンネリ」な時期なのかもしれないが、遥にとっては全て......


【実家暮らしの恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo