浪費の女王 Vol.4

超富裕層の男からの、甘く危険な誘い。「浪費をやめる」と誓った女の価値観が揺さぶられた日

買い物は、魔法だ。

流行の服と良質な宝飾品を買えば、美しい自分になれる。

贅沢なエステや極上のグルメにお金を費やせば、優雅な自分になれる。

女は買い物という魔法を使って、“なりたい自分”を手に入れるのだ。

ならば、どれだけ買っても満たされない女は一体何を求めているのだろう―?

32歳にして年収1,200万円を稼ぐ紗枝は、稼いだお金を存分に買い物に使う「カッコイイ女」のはずだった。

しかし、紗枝の向上心にも似た物欲は恋人・慎吾とのいさかいをキッカケに徐々に歪み始める

カードが停止するまで買い物をしてしまった紗枝は、ついに慎吾に禁断の借金の申し込みをしてしまった

あまりの恥ずかしさに、浪費をやめることを決意する紗枝。だがそんな時、突然紗枝に超高級ハイブランドの腕時計を買い与える男が現れる

紗枝の欲望の、行き着く先は…?


「買ってあげるって言ったでしょ」

男性が言った「じゃあ、僕が買います」というセリフ。まさか、ただ隣に立っていただけの自分に買ってくれるという意味だなんて、思うわけがない。

突拍子のない提案に、紗枝は混乱した。

「そんな…貰えないです!お名前も存じ上げませんし…」
......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
有り余る財力がある人が消費して経済を回すのは理解できるけど、カード止められるぐらいなら浪費だし病気だね。
2019/02/20 06:5199+返信5件
No Name
来たー!来たー!〇〇おじさん!
しかも直球悪ノリ系(笑)
でも私は断然F田さんのゆるゆる系が好き。
時間ある、のは共通点なのかしら・・
2019/02/20 05:2599+
No Name
腹をくくって後悔しないと思えるなら、一生に一度、こういう経験してみるのも悪くないかも…?
今彼とこのまま結婚したら、喜多川さんから言われたことを一生引きずりそう。。
船田さんよりZOZO系??
2019/02/20 05:4499+返信8件
No Name
このサエって女はバカなのか?
知らないオジサンにベラベラと彼氏とのなれそめ話したり、カードが止まったこと話したり。
まぁ小説だけどね。
2019/02/20 06:1899+
No Name
もうつまんない、この話。
現実感ないし、なんか、ばからし。
2019/02/20 05:5577返信7件
もっと見る ( 82 件 )

【浪費の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo