ミーハー女 Vol.1

ミーハー女:「ちょっと優しくすればOK」。男なんてチョロいと舐めていた女が、苦汁を飲んだ出来事

流行の発信地である東京。

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

PR会社に勤務するミハル(27歳)も、最新のものをこよなく愛する「ミーハー女」である。

ただミハルの場合は、恋愛においてもミーハーであり、それが人生を少しだけハードモードにしていたのだ。

ミーハー女・ミハルは、この東京でどう成長していくのか?その物語をお届けしよう。


「今日の食事会、誰がくるんだっけ?」

「大学から友達の商社マン一人と、あとは7年目の先輩が一人、10年目が二人だって」

「10年目かぁ。ちょっと気使わなきゃいけないし、面倒だなぁ」

待ち合わせ場所である六本木ヒルズのお手洗いで化粧を直し、ミハルは同期のユリナと夜の街......


【ミーハー女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo