ミーハー女 Vol.2

「私、男運がなくて…」。いつまでたっても幸せになれない女の嘆き

日々、新しいショップやレストランがオープンし、アップデートを繰り返す街・東京。

東京で、そのすべてを楽しみつくそうとする女を、時として人は「ミーハー女」と呼ぶ。

ミーハー女で何が悪い?

そう開き直れる女こそ、東京という街を楽しめるのだ。

PR会社に勤務するミハル(27歳)も、最新のものをこよなく愛する「ミーハー女」である。

ただミハルの場合は、恋愛においてもミーハーであり、それが人生を少しだけハードモードにしていたのだ。

◆これまでのあらすじ

商社マンからデートをドタキャンされたミハルの前に現れた匠。匠から、女としてのダメ出しをされて落ち込むミハルは、彼に連れられるまま、ある場所を訪れる。


夕暮れ時、煌びやかな銀座の街を、匠とミハルは歩いていた。

ブランドの路面店に立つ、モデルのような佇まいのドアマン。ピカピカに磨かれたショーウィンドウに並ぶ、新作のコレクション。

銀座という街は、東京のどこよりも、イイ女になった気にさせてくれる。

ミハルがショーウィンドウの前で思わず立ち止まると、匠がミハルに話しかけた。

「ねぇ。ミハルさんってさブランド物、好きでしょ。しかも、誰が見ても、あのブランドのだ!ってわかるデザインのやつ」

ー出た。また、この表情。

映画館で、商社マンにデートをドタキャンされたことを聞かれた時と同じ。

少し意地悪そうに笑みを浮かべながら質問をする匠に、なんだか全て見透かされている気がして、ミハルは恥ずかしくなった。

「そうですけど。ダメですかね?」

恥ずかしさを隠そうとして平静を装って質問に答えるミハルに、匠は相変わらず意地悪そうな笑顔で話を続ける。

「俺調べでしかないんだけどね、わかりやすいブランド物が好きな人って、デートする相手とか付き合う相手にもステータスを求める人が多い気がするんだよね」

「そんなことないですけど」

ミハルは焦って咄嗟に言い返したものの、心の中では否定できなかった。

「あ、そう?じゃあ、さっき何でデート相手のこと“商社マン”ってわざわざ言ったの?“友達”って言えばよかったじゃん」

「別になんの意図もないです」

「ふーん。本当のこと言われて、言い返せないだけに見えるけど」

ーそんなこと…。

言い返そうと思ったものの、たしかに匠の言う通りだった。

ステータスの高い男たちは、高級で美味しい店に連れて行ってくれるし、女性の扱いがスマートなため自分のことをとびっきりに褒めてくれる。

そんな男たちといる時の自分は、まるで高級ホテルに行ったり、ハイブランドを身につけている時のように、自己肯定感がこの上なく高まるのだ。

ーでも…、自分のためにもなるのに、男をステータスで選んで、何が悪いの?

【ミーハー女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo