浪費の女王 Vol.8

「もっと買え」。女に買い物ばかりさせる男の目的とは?過去を隠していた男の、悲しい秘密

買い物は、魔法だ。

女は買い物という魔法を使って、“なりたい自分”を手に入れる。

ならば、どれだけ買っても満たされない女は一体何を求めているのだろう―?

32歳にして年収1,200万円を稼ぐ紗枝は、稼いだお金を存分に買い物に使う「カッコイイ女」のはずだった。

しかし、紗枝の向上心にも似た物欲は恋人・慎吾とのいさかいをキッカケに徐々に歪み始める

超富裕層の個人投資家・喜多川に押し付けられた超高級腕時計が招いた誤解によって、紗枝は慎吾から別れを告げられる

慎吾を失った悲しみから浪費を肯定してくれる喜多川の元へと向かった紗枝は、与えられたカードで好きなだけ買い物をすることを許されるものの、次第にどれだけ買っても虚しさに苛まれるように

そんな時、入室を禁じられた喜多川の仕事部屋に入ったことがバレてしまい…。

紗枝の欲望の、行き着く先は?


ショパールの黒いショッパーを手に持った喜多川が、暗い表情のまま言う。

「車に置いてきたと思ったんだけどね。コンシェルジュカウンターに置き忘れてたみたいで、ちょうど届けてもらえたよ。思ったより早く戻ってきたんで驚いた?」

「勝手に入って、ごめんなさい…」

以前この部屋......


【浪費の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo