浪費の女王 Vol.9

「私もう、何も貰えません…」リッチな彼氏に散々貢がせた女が一転、贈り物を断るそのワケは

買い物は、魔法だ。

女は買い物という魔法を使って、“なりたい自分”を手に入れる。

ならば、どれだけ買っても満たされない女は一体何を求めているのだろう―?

32歳にして年収1,200万円を稼ぐ紗枝は、稼いだお金を存分に買い物に使う「カッコイイ女」のはずだった。

しかし、恋人・慎吾とのいさかいをキッカケに徐々に物欲が歪み始めたことで、同棲生活は破局を迎える

そんな紗枝に、浪費を肯定してくれる超富裕層の個人投資家・喜多川が近寄る。「いくらでも好きに使っていい」と喜多川に言われ、与えられたカードで好きなだけ買い物をする紗枝だったが、浪費すればするほど虚しさは募るばかり

さらに、喜多川がなぜ紗枝に浪費をけしかけるのか、その悲しい理由を聞いてしまい…

紗枝の欲望の、行き着く先は?


予期せぬ拒絶の言葉に、喜多川は愕然とした表情で紗枝を見つめる。

「どうして?散々貰っておいて…どうして急にそんなことを言う?」

紗枝は、喜多川の目を見つめ返して言った。

「喜多川さんが本当に愛されたい、愛したいのは…多分、私じゃないからです。私がどれだけ喜多川さんに......


【浪費の女王】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo