キューティーワイフの逆襲 Vol.1

キューティーワイフの逆襲:「噂通り、頭が悪いんですね」突然家に来た夫の浮気相手に挑発された妻は…

「マイ・キューティー」

13歳上の夫は、美しい妻のことを、そう呼んでいた。

タワマン最上階の自宅、使い放題のブラックカードに際限のないプレゼント…。

溺愛され、何不自由ない生活を保障されたセレブ妻ライフ。

だが、夫の“裏切り”で人生は一変。

妻は、再起をかけて立ち上がるが…?


「今日も最高に綺麗だね」

東京タワーを望む、最上階の部屋。

リビングの窓際に立って、きらめく夜景を見下ろすように眺めていると、背後から不意に抱きしめられた。

「ちょっと、くすぐったいってば」

シルクワンピース1枚しかまとっていない里香は、思わず体をよじる。振り返ると、そこには優しく微笑む英治の姿があった。

「会食、早く終わったのね」

「里香に1秒でも早く会いたくて、さっさと切り上げてきた。会食も断りたかったくらいだよ」

英治は軽口を叩きながら、里香を愛おしそうに見つめる。

「マイキューティー、僕はなんて幸せなんだろう」

「やめてよ。私、キューティーなんて呼ばれる年じゃないんだから」

わざとらしく彼の手を振りほどき、その場を去ろうとすると、英治がソファに置かれた赤い箱を指さした。

「プレゼントだよ」

この前ねだっておいた、ロジェ・ヴィヴィエの新作。里香にぞっこんの英治は、有り余る富と愛情を惜しみなくたっぷりと注ぐ。

「大好き!本当にありがとうっ」

英治に抱きつきながら、里香は窓の外に目をやる。今夜は満月。まんまる、黄色のお月さまだ。

― この世をばわが世とぞ思ふ…。

あの有名な歌が、ふと脳裏に浮かぶ。

「うふふ」

何もかも思い通り―。里香はこみあげてくる笑いを堪えることができなかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
いいじゃない笑
離婚しないって言われたんだから。
生活レベル、落とせないでしょ。
2022/06/30 05:2399+返信2件
No Name
また、いかにも東カレ小説らしい話が始まった。
不倫相手がノコノコと妻の前に現れ、宣戦布告する展開、東カレライターさん達好きだよね。
2022/06/30 05:1477返信7件
No Name
さすがにキューティーは無い! キモい。
英語で、カップルや夫婦がお互いをハニーとかベイビィとか呼び合うけど、マイキューティーは聞かないなぁ。
2022/06/30 05:4264返信5件
No Name
元々打算で結婚してこんなにいい生活してるんじゃ里香の方が離婚したくないしできないでしょ。
浮気が嫌なのだってプライドでしょ。
英治はそれが分かってるから「安心して」だし、普通に悪びれず浮気するんだよ。
2022/06/30 05:2449
No Name
藤原道長の和歌思い出して、うふふって…
怖いよ。
2022/06/30 05:1523返信7件
もっと見る ( 45 件 )

【キューティーワイフの逆襲】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo