東京ハイエンド妻 Vol.2

凡人には分からぬママ同士の格付け。年収3,000万以上の夫を持つハイエンド妻たちの事情

—上には上がいる。

それが、この東京という街の永遠に変わらない現実だ。

高価なバッグに高級外車など、同じものを持っていても、それを手にする過程には大きな違いがある。

やっとのことで手に入れた念願のものなのか、それとも数万円のものを買うかのごとくポンポンと手にしたものか。

前者と後者は似て非なるもので、そこには明確なコミュニティーの違いがある。

後者は、世帯年収3,000万以上なんて当たり前。東京の中でも頭一つ抜きん出て資産を保有する“ハイエンド・ゾーン”。

この連載では、“ハイエンド・ゾーン”にいる女たちの生態をお届けしよう。

前回は、育ちのコンプレックスに悩む玲子を紹介した。


【今週のハイエンド妻】

名前:紗理奈
年齢:36歳
夫の職業:不動産関連会社経営
夫の年収:年収5,000万
結婚前の職業:外資系広告代理店
出身校:慶應義塾大学


今回待ち合わせ場所に指定されたのは、別名“インターママ達のメッカ”とも呼ばれている『東京アメリカンクラブ』だった。

「ごめんなさいね、今ちょうど娘のプールの時間で。ここで良ければお話させていただきます」

そう言いながら颯爽と現れた紗理奈は、身長165cm以上あるだろうか。高身長でスラッとしており、その存在感に思わず目を見張ってしまう。

肌ざわりの良さそうなベージュのサマーニットに、麻素材のタック入り白パンツ。そして手元にはカルティエのダイヤ入りLOVEブレスにバーキン30。茶系の小物類と日焼けした肌が非常にマッチしていて美しい。

「オシャレをすることが、昔から好きなんです」

サバサバと話す紗理奈の娘は、現在6歳でインターナショナルスクールに通っている。

既に只者ならぬオーラを発している紗理奈だが、どうやって今の華やかな生活を手に入れたのか、じっくり話を聞かせてもらおう。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
帰国子女が英語を話せないママを格下に思うのは勘違いだけれど、
子供をインターに通わせるのなら、親自身も英語を話せるように努力するべきとは思う。
2019/06/17 05:2799+返信8件
No Name
はぁー
生活も価値観も違う世界だなぁの一言
2019/06/17 05:1999+
No Name
以前からの疑問なんですが、インターで教育を受ける最大のメリットって何でしょうか?語学力?価値観の多様性?
日本人としてのアイデンティティはどのように育まれるのだろう。個人的には、その国や地域の人間としてのアイデンティティがあるからこそ他の文化への興味や尊敬が生まれると思っているので言葉が話せるようになるのが最大のメリットならばインターに魅力は感じないなぁ、と思いました。
2019/06/17 05:3386返信53件
No Name
帰国子女というブランド…たまたまある程度裕福な親の都合で英語圏で育って難関大学も帰国枠。それなりに悩みもあったかと思いますが、もう少し謙虚でいてもいいのではないかと思うのは、日本人たる所以でしょうか。
2019/06/17 05:4241返信12件
No Name
外資で働いていると、仕事あまりできなくても英語がネイティブでセールスピッチうまい人が出世します。大人になってからどんなに勉強しても越えられない壁があるので、そのコンプレックスから子供をインターに入れる人けっこういます。
2019/06/17 06:0037返信4件
もっと見る ( 187 件 )

【東京ハイエンド妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo