この愛のない世界で Vol.1

この愛のない世界で:「私、このまま帰りたくない…」金曜24時、寂しさを紛らす男といても虚しいだけ?

—半年後—

「美佳ちゃん、飲んでる〜??さっきから携帯ばかりいじっているけど、こっちの会話にも入ろうよ!」

今日は、友達の紗弥加と葉月が開催してくれた食事会。楽しそうにビールを飲んでいる悠人が、人の良さそうな笑顔で会話に入れようとしてくれていた。

「ごめんなさい!ちょっと仕事のメールを返してて。もう携帯は触りません!」

そう言って、慌てて携帯の画面を机に裏返す。本当は仕事のメールなんかじゃない。ただ無意識のうちに、Instagramをぼうっと見ていただけだった。

「美佳ちゃんは、何してるの?」
「丸の内で、営業職で働いています」
「今彼氏はいないの?さっき幹事の紗弥加ちゃんが既婚者だって聞いて、ショック受けたんだよねー」

紗弥加と葉月は学生時代からいつも一緒にいる女友達。紗弥加は3年前に結婚しており、葉月は一匹の猫と、プラス若い彼氏と同棲中だ。

本当に誰も相手がいないのは、私だけだった。

「今日は紗弥加が私に向けて開催してくれた会で。彼女はあくまでも幹事役だから、参加者じゃないって言ってました」

「じゃあ美佳ちゃんは、今フリーっていうことでいいんだよね!?」

悠人は、大手広告代理店勤務で独身。年齢は32歳で結婚願望もあるらしい。人柄が良く、気遣いもできるし、周囲からの人望も厚そうだ。きっと、こういう人と付き合えたならば女性は幸せになれるのだろう。

でもこんな“いい人”に対しても、私の心は全く動いてはくれないのだった。


—美佳:今日はありがとうございました(^^)またみんなで飲みましょう!


解散してすぐに、紗弥加が作成してくれた食事会のLINEグループにお礼を打つ。すると、一通の個別LINEが届いた。

—悠人:今日はありがとう!良ければ、今度二人でご飯行かない?


携帯の画面を見つめたまま、ふぅっと小さなため息が漏れる。一旦保留にしよう。

食事会をし、出会い、連絡が来て誘われてご飯へ行く。永遠に繰り返されるこのルーティーン。

ここに、私の望む未来はあるのだろうか。

出会いを重ねる度に迷い、そして結果的に、私は恋から遠のいていく。

「連絡が来るうちが華だし、その中にもいい人がいるかもしれないんだから、一個一個の出会いを大切にしないと!」

紗弥加からは、そうやってよく怒られる。頭では分かっているけれど、心に嘘はつけない。

「みんな、どうやって彼氏とか見つけているんだろう」

学生時代は“付き合う”なんてもっと簡単だった。それなのに、今の私にはそのハードルが高すぎて、臆病になっていく一方だ。

そんな気持ちを抱えたまま家へ帰る気力もなく、少しだけ歩いていると、再び携帯が鳴った。先週別の食事会で出会った、裕也からだった。

—裕也:美佳ちゃん、何してる?今から広尾で飲まない?

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
2〜3人でごはん食べてる時とか飲み会とかで普通にインスタとか見てる人いるけど、いつもそれってどうなの?って思いながら見てる。
せっかく時間合わせて友達といるのに、一人でも見られるもの今見る必要ある?って言いたい。すごく相手に失礼な気がする。
2018/12/20 05:5399+返信18件
No Name
ひとり親家庭を否定するような家柄とは縁がなかったんだよ。
もっといい人がいる!
笑顔を取り戻して、福を引き寄せて幸せになって。
「可哀想な自分」から脱皮しよう。

シングルマザーの祈りでした。
2018/12/20 05:4199+返信7件
No Name
大好きな慶太から、一方的に婚約破棄されたみたいだから、慰謝料はキチッと請求しましょうね!笑
2018/12/20 05:4185返信5件
No Name
30歳で頻繁にお食事会があって(開催してくれる友達がいて)誘ってくれる人もいるんだからこれからいっぱいチャンスあるはず。
なんだか久しぶりに応援したくなる主人公だった。
2018/12/20 05:4348
No Name
夜の飲み屋でいきなり声かけてきた別の女(しかも頭弱そう)と待ち合わせしてた男に連絡なんてしないよ
2018/12/20 06:2141返信2件
もっと見る ( 122 件 )

【この愛のない世界で】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo