デスパレートな2人 Vol.8

恋人との同棲中、平然と“昼帰り”した男。28歳のキャリア女が最低男に強く執着する理由とは

―社内恋愛―

会社員なら誰しもが一度は経験するであろう、秘密の恋。

毎日会えて、仕事のことも分かりあえる。もしかしたら普通の恋より、濃密な関係が築けるのかもしれない。

しかし…。

時にその濃密過ぎる関係が、残酷にも2人を切り裂くきっかけにもなりうる。

これは、ある会社で起こったリアルな“社内恋愛の悲哀”であるー。

同じIT企業で勤務する、総務部の吉田結衣(28)と営業部のエース・斎藤健(32)。

結衣は健に告白され、交際がスタート。付き合って1ヶ月してすぐ、効率的に会うためにと同棲をはじめる。

一方会社では、株主総会で会長が修正動議を起こし、新社長として就任。そしてこれが2人の間の溝を深めるキッカケとなる。旧社長・松島派の結衣と、新社長・野村の右腕になると豪語する健は、家でもギクシャクした雰囲気になってしまうのだった。

そんな中、結衣はこの状況を何とか打開しようと同僚の奈央に相談し、イチからやり直したいと決意したが…


結衣がうっすらと目を開けると、まだ部屋は薄暗かった。時刻は5時を過ぎたところである。

―……健は!?

どうやら健を待ちながら寝てしまっていたようだ。慌てて寝室や玄関を見るが、健の姿はなく、帰宅した痕跡もない。

これまでも、金曜日は朝まで飲んで帰ることがたびたびあった......


【デスパレートな2人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo