港区女子の終点 Vol.6

まさか、私が…?34歳の独身港区女子が、年収400万男の若い肌とDNAに執着する理由

港区女子。

それは港区に夜な夜な集う、得体の知れない女性たち。

煌びやかで豪勢な生活を送る彼女たちだが、いつか“強制的に”この街を卒業する時がやってくる。

果たして、その後の人生は、幸せなのだろうか?

20代で甘い蜜を吸いすぎた美咲実家に戻った由梨起業した里枝子などを紹介してきた。

甘い蜜を存分に吸った、港区女子の末路とは・・・?


「華子の理想のタイプって、どんな人なんだっけ?」
「年上の成功者。ちょっと枯れているくらいが渋くていいよね」

私は、東麻布にある『富麗華』の北京ダッグを食べながら、平然と答えた。

27歳で、東京の名店と言われるところは行き尽くした。ワインだって、5大シャトーなんてとっく......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
OL から美容研究家になって青山に住めるほど成功した過程を知りたい。
2018/09/06 05:3599+返信1件
No Name
なんでだろう。
港区おじさんなら、ちょっと渋めのイケメンを想像するのに、港区おばさんとなると、でっぷりとした手にエメラルドとダイヤの指輪をした、60オーバーのおばあさんを想像してしまう…。
2018/09/06 06:0599+返信2件
No Name
あらそう。他に浮かばない。それがどうした、みたいなお話ですらないただの解説はつまんない。来週手配師?ルナ?あれもつまんなかったわね。
2018/09/06 05:1178返信5件
No Name
今回は少し雑な内容ですね。。
2018/09/06 05:3149返信1件
No Name
木曜日はこれだけかぁ。。もうちょっと他も読みたいです。
2018/09/06 05:3830返信17件
もっと見る ( 103 件 )

【港区女子の終点】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo