港区女子の終点 Vol.1

港区女子の終点:20代で東京の贅を知り尽くした女。“甘い蜜”を吸いすぎた後、30歳で行きついた先とは

港区女子。

それは港区に夜な夜な集う、得体の知れない女性たち。

煌びやかで豪勢な生活を送る彼女たちだが、いつか“強制的に”この街を卒業する時がやってくる。

果たして、その後の人生は、幸せなのだろうか?

甘い蜜を存分に吸った、港区女子の行きつく先とは・・・?


西麻布交差点に立つ度に、胸がざわつくのは何故だろうか。

上京してから10年経ち、もう心は東京にある。それなのに、ふと虚しくて不安になる気持ちを、未だに私は抱えている。



「美咲、Happy Birthday~!!!」

『サイタブリア バー』に、歓喜の声が湧き上がる。扉を開けると、たくさんのバルーンで装飾された部屋に、いつもの仲間。そして色鮮やかなお花が、いたるところに飾られてあった。

「え〜!嬉しい♡ありがとう!!」

豪勢な誕生会の中心で、私はとびっきりの笑顔を浮かべる。東京で頑張ってきた自分を、改めて褒めてあげたくなった。

ここにいるのは、東京でいうところの“上澄み”の人たちだ。皆、財力と権力がある。

女子はいわゆる“キラキラ”女子たちばかりで、中にはアナウンサーもいればタレントの卵もいる。一般のOLであっても、大概が読者モデルをかじっているような子たちだ。

男性陣もほとんどが経営者で、世間一般の婚活女子が狙う「年収1,000万越え男子」なんて、足元にも及ばないような人物ばかりだ。

「美咲、改めておめでとう」

顔写真入りの大きなケーキが運ばれてくるのと同時に、オレンジ色や水色の、数々のハイブランドの紙袋が私の元に集まる。

「みんなありがとう。“もう”26歳になっちゃったよ」

私は、こんな時間が永遠に続くと思っていた。

リッチな彼氏に、東京の“楽しい”を凝縮したキラキラした生活。

でも人生はそんなに甘くないなんて、誰が想像できたのだろうか。

【港区女子の終点】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo