恋と友情のあいだで~廉 Ver.~ Vol.9

「妻への罪悪感は、ない」婚外恋愛に溺れた商社マンの、身勝手な欲望と小細工

−なぜ今、思い出すのだろう?

若く、それゆえ傲慢だった同級生・相沢里奈の、目を声を、ぬくもりを。

これは、悪戯に交錯する二人の男女の人生を、リアルに描いた“男サイド”のストーリー。

“商社マン”となった一条廉モテを堪能する日々を送った末、3歳年上の美月と結婚。シンガポールで新婚生活をスタートさせる。

一時帰国中、廉は里奈に誘われ2人で食事をする。“友達”を保つふたりだが、しかしこれをきっかけに連絡が密になっていく。

そんな中、大学サークルの10周年パーティーが開催され、廉と里奈は揃って出席する。

そしてついにふたりは会場を抜け出し、ホテルで密会するのだった。


元カノ・結衣が目にしたもの


−…どういうこと?

人目を避けるようにして会場を出て行った廉を、結衣は見逃さなかった。

誰にも声をかけず、まるでお手洗いにでも行くかのような素ぶりではあったが、その横顔には焦りとも興奮ともつかぬ表情が浮かんでいた。

−まさか。

すぐにピンときて、会場を見渡す。…思った通りいない。相沢里奈が、いない。

その瞬間、結衣は思わず大声を出していた。

「ねえ!廉と相沢さんが消えたんだけど!」

まるで言いつけるように叫んだのは、もちろん正義感からだ。

だって廉は、新婚ではないか。こんなことが許されていいわけがない。

結衣も二次会からではあるが結婚式に参加し、廉の妻・美月に「おめでとう!」と声をかけていたという経緯もある。

そして、廉が妻に選んだ女性…美月に、結衣は妙な親近感を感じていたのだ。

3歳年上らしいが、童顔で幼い顔立ち、華奢で小柄なスタイルなどが自分と似ていたからかもしれない。どこだか忘れたが女子大卒で、結婚前は銀行の一般職だったというその経歴もなんというか“普通”で安心感がある。

つまり、結衣は美月が好きなのだ。相沢里奈よりも。

というより、相沢里奈なんて嫌いである。昔から、嫌いだった。

なぜかって?…そんなことは知らない。

女が女を嫌うのに、いつも理由なんかないのだ。

【恋と友情のあいだで~廉 Ver.~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo