恋と友情のあいだで~廉 Ver.~ Vol.1

恋と友情のあいだで~廉 Ver.~:好みじゃない、だけど気になる。ただの同級生が“女”に見えた夜

−なぜ今、思い出すのだろう?

若く、それゆえ傲慢だった同級生・相沢里奈の、目を声を、ぬくもりを。

あの頃の僕らは未完成で、足りない何かを探しては傷つき、欲することに夢中だった。

だから気づかずにいたんだ。ずっとそばにあった、かけがえのないものに。

持ち前の器用さと明るい性格で、比較的イージーに人生の駒を進めていく一条廉(いちじょう・れん)。

しかし東京は、平穏な幸せを簡単に許してくれない。

運命の悪戯が、二人の男女の人生を交差させる。これは、“男サイド”を描いたストーリー。


はっきり言って、里奈は僕のタイプじゃない。

入学してすぐ彼女の顔と名を覚えたのは、語学のクラスが一緒で、しかも出席番号まで前後という縁があったからだ。

「一条廉くん、だよね?」

里奈と初めて言葉を交わした時のことは、なぜだか鮮明に覚えている。

あれは、学内でも華やかな男女が集まるゴルフサークルの新歓コンパだった。(当時、渋谷のクラブを貸し切りで開催された)

しかしそのとき里奈と何を話したのか、話さなかったのか、さっぱり覚えていない。

なぜなら僕はその時、目の前で愛らしく微笑む“結衣ちゃん”に夢中だったからだ。

里奈も目鼻立ちのくっきりした美人だが、僕はどちらかというと童顔(+胸が大きければなお良い)を好む。

「なぁ結衣ちゃん、連絡先聞いていい?」

不意に関西弁で話す男の声がして、慌てた。

僕が里奈と社交辞令を交わしている間に、まだ垢抜けない、しかし妙に自信に溢れた男が結衣に直球アプローチしているではないか。

そのシーンに、俄然燃えた。

「結衣ちゃん、俺にも教えて。ってゆーか、今度ドライブしようよ」

僕の家は自由が丘にある。

両親は仕事の都合で海外におり、年の離れた姉はすでに結婚していて家にいない。一軒家も親が置いていったメルセデスも、自由に使える身なのだ。

強引に割り込んだ僕の耳に、関西男のチッと舌打つ音が聞こえたが、気にしない。

欲しいものを手に入れるのに、使えるものを使って何が悪い?

「え、嬉しい♡行きたい!」

満面の笑みを返す結衣から連絡先を聞き出していたら、気づけば里奈の姿は見えなくなっていた。

【恋と友情のあいだで~廉 Ver.~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo