恋と友情のあいだで~廉 Ver.~ Vol.6

「ただ、2人で食事しただけ」新婚の商社マンがセレブ妻との密会に使った“友情”という隠れ蓑

里奈との密会


広尾の『Sudachi』に到着すると、先に来ていた里奈は僕を認め、小さく手を振った。

「ごめん、里奈。待った?」

僕はともすると滲み出てしまう照れを隠すように、首筋の汗を拭う。

彼女と待ち合わせをするのは、初めてじゃない。大学の中庭で、大教室の入り口で、カフェや駅前で、過去に何度もこんな風に落ち合った。

しかしこの夜すぐに里奈の目を直視できなかったのは、ノースリーブから覗く華奢な二の腕に、タイトなスカートが映し出す身体のラインに、熟れ始めた果実のように匂い立つ色香を感じたからだ。

19歳で出会った僕たちも、気づけば28歳。知らぬ間に随分と、大人になっていた。


振り返ってみるとこの夜、僕たちは他人の話ばかりをしていたように思う。

僕はそれほど親しいわけでもないが、里奈と仲の良かったサークル仲間の未祐の近況を尋ねてみたり、誰と誰が結婚したとか、あいつはしばらく独身に違いないとか、そんな噂話ばかりを競うように話した。

互いの心の内に触れるようなことは言わない、聞かない。

上澄みを掬うような会話ではあったけれど、僕は随分と久しぶりに、里奈と自然に笑いあえる時間を心から楽しんでいた。

彼女とはここ数年いつからともなく疎遠になり、口をひらけば嫌味を言い合うことしかなかったから、里奈が自然に叩く軽口や、ふいに向ける飾らない笑顔に、僕の心はぽっと温かくなる。

おそらく、お互いが別の相手と結婚しているという現実が、僕らの “友情”を絶妙なバランスで保ってくれていたのだろう。

ただこの日、会話の途中で、里奈が時折ぼんやりと空を見つめる瞬間があった。

憂に満ちたその横顔はなんだか見知らぬ人のようで、僕はその度に言いようのない焦燥に駆られる。

そして僕は僕の知っている里奈を取り戻すような思いで、調子のいい冗談を言っては彼女を笑わせた。

「ほんと廉って、相変わらずね」

里奈は呆れた、と言わんばかりの表情を見せるが、“友達”でいようとする男女の会話に本心など現れない。

一向に大人になれぬ僕でも、そのくらいはわかっていた。

それなのに僕は、里奈を案じる心とは裏腹に、彼女の強がりに終始気づかぬふりをしてしまった。

彼女は今、幸せなのだ。そう自分に言い聞かせた。

そうしておかなければ、ようやくバランスを取り戻した僕たちの関係が、再び崩れてしまいそうで。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
なんでだろう、どうしても美月が好きになれない…
それはさておき、男女の友情は永遠の片想いか、不毛な両想いで成り立ってると思ってます。
2018/08/01 05:2399+返信15件
No Name
レンの口調が気持ち悪い…熟れた色香って。。20代とは思えないです。
2018/08/01 05:4099+返信2件
No Name
美月、早まって、廉との間に子供作ったらダメよ! 別れて別の人とにしなさいよ。美月は廉を愛してない。守りに入りすぎてる。
2018/08/01 05:4169返信4件
No Name
たとえベッドで裸で抱き合っていても、挿入さえしていなければ不貞行為にはならないって理屈で恋愛を楽しむ既婚者、って記事を読んだことがあるけど、私は二人で食事ってだけで不快だな。隠すってことはやましい気持ちがあるんだろうし。かと言って久しぶりにリナとあってごはんしたよ、懐かしかった、なんて言おうもんなら… 
ほんとにただの友達なら気にならないんだけど、この二人の場合お互い未練たっぷりだからねえ。
2018/08/01 05:2750返信1件
No Name
美月は空回りして、自分で自分の首を締めるタイプだな。きっと自分に自信がないんでしょうね。廉はどんどん冷めていって、憐れだな。
私も美月は好きではない。
2018/08/01 07:1240
もっと見る ( 99 件 )

【恋と友情のあいだで~廉 Ver.~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo