教えたくない秘密のグルメ Vol.11

高感度な青山女子も通い詰める!お洒落エリアで焼き立てパンに囲まれる幸せな店を知っているか?

いつなんどきでも、この大行列!


行列に並んでも体験したいと思える蕎麦がある
『蕎麦きり みよた』

表参道交差点からほど近い、青山通り沿いの一画に、いつ通っても老若男女が行列をなす店がある。

いつなら並ぶことなく入れるの? と、巷で俄かに話題となっているこちらは、某大手蕎麦チェーンが手掛ける〝大人の蕎麦屋〞だ。平日でも近隣で働く人でできた、長蛇の列は夜まで途絶えることが無い。10時台や16時頃が狙い目だとか。

雄飛さんもこちらの常連のひとり。

「3年以上前のオープン当初から、どの時間に行っても行列がなかったことがない、人気が衰えない一軒。 青山的なこじゃれた外観だけど、かけ蕎麦が500円からという手軽さや、すきっと気持ち良い白木のカウンター席。気軽に入れるので、またたく間にお気に入りの一軒に」。

天もり板せいろ御膳¥900


なかでも、雄飛さんのおすすめはこの「天もり板せいろ御膳」だという。900円とは思えない満足感があるのだという。たしかに、たっぷりの板そばの脇には、彩り豊かな野菜天婦羅と、ご飯が付いている。

「御膳に付く炊き込みごはんも、季節ごとに替わるので楽しみのひとつになります」と雄飛さん。

オープンカウンターからは調理する様子が見られる

毎朝、自社工場から届けられる打ちたての蕎麦は、喉越し抜群。そば粉は、玄そばから殻の部分を覗いた“ぬき実”を丸ごと挽いた「抜きぐるみ」を使用している。

蕎麦本体の強い風味が特徴で、クセになってしまう客も多い。

色どり華やかな天ぷらは、重たくないので女性にも人気


「蕎麦はもちろんですが、天婦羅も必食。食べ終わった後も嫌な油っぽさが無いんです」。

雄飛さんの言葉にもあるように、この店の揚げ油にはなんとオリーブオイルがブレンドされている!そのおかげで、しつこさも無く軽やかな天婦羅が実現するのだ。

細かなところにも青山らしさが感じられる。

夏の新作そば「冷やし茄子と鴨きんぴらそば」


定番の人気メニューはもちろんチェックしたいが、季節ごとに変わるバリエーション豊かな限定メニューも必見!“限定”というフレーズに惹かれて、女性客のオーダー率が高いという。

サクッと食べたいビジネスマンから、オシャレなアパレル系おひとり女子などの心を掴んでいて、客層も幅広いのだ。

「行列に並ぶのだって前菜として楽しみましょう!」と話す雄飛さんを見習って、この人気店には覚悟の上で望みたい。

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

「青山の夜」を体験してこそ大人です!

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【教えたくない秘密のグルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo