東京離婚事情 Vol.7

“よそ者扱い”されるのが苦痛だった。東京出身のお嬢様が直面した、夫の地方転勤問題

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。

これまでに、嫁の浮気が発覚した太郎や、子供ができずに離婚した正人レスだった信弘年下夫に失敗した真理子に迫った。今週は?


名前:恵那
年齢:29歳
職業:家業の手伝い
年収:400万
結婚歴:2年半
前夫の年齢と職業:証券会社勤務・32歳


「前夫の恭平とは、職場恋愛でした。関西支社から東京本社に来ていた恭平と話が合い、そのまま恋愛に発展。そして結婚したのですが…」

今はもう何も着けられていない左手の薬指を触りながら、恵那はポツリ、ポツリと語り始めた。

恵那の実家は池田山にある。

最寄駅で言うと五反田になるため、東京以外の人には“え、五反田!?”とマイナスな反応をされることが多いが、言わずとしれた都内屈指の超高級住宅地である。

そんな池田山で生まれ育ち、小学校から大学までずっと都内の私立校に通っていた恵那。

いわゆる生粋のお嬢様であるが、育ちの良さゆえか、身につけている物も分かりやすいブランド物などではない。

アクセサリー類も、シンプルに光る一粒ダイヤのネックレスのみ。シンプルだが、上質さがうかがえる。

「前夫との相性が悪かったわけではありません。住んだ場所との相性が、悪かったんです」

うつむきながら話す恵那。

離婚して、半年。恵那は東京に戻ってきた。

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo