東京離婚事情 Vol.5

「妻を、女として見れなくなった」。子供が誕生し、レスに陥った夫婦が選んだ苦渋の決断

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。

これまでに、6年も交際したのに1年半で離婚した淳平嫁の浮気が発覚した太郎子供ができずに離婚した正人夫がマザコンだった麻莉奈に迫った。今週は?


名前:信弘
年齢:38歳
職業:メガバンク勤務
年収:1,300万
結婚歴:8年
前妻の年齢と職業:37歳・元秘書


これまでに数名の離婚事情を聞いてきたが、全員子供がいない方々だった。

しかし今回話を聞かせてくれた信弘には、現在7歳になる息子がいる。

「長男が誕生した時、それはそれは嬉しくて。世の中に、こんなにも愛おしいと思える存在があるのかと。生まれて初めて知った感情でした」

先ほどまで硬い表情だった信弘。しかし子供の話をした途端に、ふっと目を細め、その表情が緩んだ。

「子供のためにも、離婚はしたくなかったのですが…かなりタフな決断でしたね」

前妻の紗理奈とは、昨年離婚した信弘。

子供がいながらも離婚を決意した背景には、夫婦ならば避けては通れない“夜の営み問題”が隠されていた。

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo