東京離婚事情 Vol.13

絶対にバレない、と思っているのは男だけ。妻が見抜いた夫の怪しい行動と、不穏な兆候

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。

これまでに、嫁の浮気が発覚した太郎や、子供ができなかった正人レスだった信弘家計問題で離婚した麻衣に迫った。今週は?


名前:謙太郎
年齢:37歳
職業:総合商社勤務
年収:約1,400万
結婚歴:5年
前妻の年齢と職業:30歳・専業主婦


「前妻の由利恵は、元々気が強い性格でした。結婚前はそんな所が可愛いと思っていたのですが、結婚後は当たりが強くなり、束縛の厳しさにも辟易して...」

3年ほど前に離婚したという謙太郎の離婚理由は、単純明快。

謙太郎の不貞行為だった。

「こちらにも言い分はあるんですよ。ただ一つ言えることは“女の勘は怖い”、ということでしょうか。絶対にバレるはずがないと思っていたのに...」

細心の注意を払って行動していたという謙太郎。

しかしそんな気遣いも虚しく、気がつけば全ての情報を由利恵は握っていたそうだ。

果たして、由利恵はどうやって証拠を掴んだのだろうか?

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo