東京離婚事情 Vol.11

デートも旅行も割り勘。「3,000円だけ頂戴」と言ってくる男と結婚した場合の、不幸な末路

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。

これまでに、嫁の浮気が発覚した太郎や、子供ができなかった正人レスだった信弘専業主婦に嫌気がさした浩子に迫った。今週は?


名前:麻衣
年齢:30歳
職業:化粧品会社勤務
年収:380万
結婚歴:3年
前夫の年齢と職業:33歳・コンサル会社勤務


「前夫の拓哉との終わり方は、最悪でした。まさに泥沼離婚劇です」

開口一番に、そう言い放つ麻衣。

現在は四ツ谷の実家に戻って親元で暮らしているという彼女。今日の服装は、ヌーディーなベージュのパンプスに合わせたニットのセットアップに、Diorの新作バッグ。

流行にも敏感な可愛らしい女性という印象だが、前夫の話になった途端に麻衣の表情は急に険しくなった。

「結婚する前のサインで気がつかなかった私も悪かったのですが・・・」

数ヶ月前にようやく離婚が成立したばかりだと言う麻衣は、愛し合ったはずの二人が憎しみ合うことになってしまった過程を、詳しく教えてくれた。

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo