東京離婚事情 Vol.1

東京離婚事情:6年も付き合ってたのに、1年半で離婚。長すぎた春がスピード破局を迎えたワケ

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。


名前:淳平
年齢:32歳
職業:外資系戦略コンサルティングファーム勤務
年収:1,200万
結婚歴:1年半
前妻の年齢と職業:28歳・看護師


待ち合わせ場所である帝国ホテルの『ランデブーラウンジ』へやって来た淳平はすらりと背が高く、目を引くような容姿だった。

実家が家業を営んでいると聞き、滲み出る品格に納得する。

穏やかで、優しそうな淳平。そんな彼が離婚したのは、約2年前のことだと言う。

「前の妻は、新卒時代から交際していました。周囲の人からも“仲が良くて羨ましい”と言われるほど親密で、結婚するなら彼女以外とは考えられなかった」

しかしそんなにも愛し合っていたはずの二人だが、結婚生活はわずか1年半で破綻した。

「結婚と恋愛は、違いますからね」

ブラックコーヒーをすすりながら、どこか遠くを見つめる淳平。

果たして二人に、何があったのか。そして何故、“離婚”という決断に至ったのだろうか。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
義家族との付き合いも、ズボラさも、これが男女逆ならネタにもならないんだよなー。
2018/07/05 07:3099+返信7件
配偶者の親は他人
そんな考え方もあるかもしれないけど、私はそのくらいは付き合ってもいいと思うよなぁ。
私も家族仲良く育ったので、普段嫌がらせでもされてない限りは、一緒に祝うことくらい、どうってことないけれど。

もう一度書くけど、嫌がらせでもされてない限りは、お祝い事くらい素直に祝ってあげないと、子供が出来たり、自分自身に嬉しい事があったとき、誰も一緒に喜んでくれないよね。
あくまでも他人ってやる人って、自分の幸せ
も一人で噛み締めるだけで幸せなんだろうか。

私は誰も喜んでくれないのって、程度にもよるけど、惨めな気持ちになるなぁ。

そういう関係を築けないってことは、コミュニケーション能力に問題があるんじゃなかろうか。
現にこの妻は人としての能力や性質に問題があったみたいだし。

共同空間やコミュニティ内でも他人は他人ってやる人、心のどこかに問題がある気がする。
2018/07/05 06:4199+返信16件
No Name
義両親を家族と思えないなら、結婚生活は大変だと思うけどな。
2018/07/05 06:3984返信6件
No Name
価値観の擦り合わせ不足
分かりすぎる。自分がそれです
同じ未来を見つめてイメージを共有する作業が大事で、ただ一緒にいるだけじゃ駄目だと痛感しています
2018/07/05 05:4949返信4件
No Name
私はお舅さん苦手なのであまり頻繁に会いたくないなぁ。
赤ちゃんの前でタバコ吸うような人です。まわりも止めないし、私の方がおかしいみたいな空気になります。
私はお祝いでも行きたくない、、
2018/07/05 07:3140返信5件
もっと見る ( 161 件 )

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo