外銀女子 Vol.1

外銀女子:「お嬢様には負けない」生まれも育ちも関係ない“外銀”で下克上を狙う、27歳女の野望

たまたま裕福な家庭に生まれただけ。

たまたま容姿に恵まれただけ。

そんなのちっとも羨ましくなんか無い。

“生まれつき勝ち組”だなんて胡座をかいていられるのは、今だけよー。

そう言って不敵な笑みを見せるのは、誰もが認める努力の女・佐藤直子(27歳)。

地方の下流家庭出身である直子は、猛勉強の末に東大合格、卒業後は外資系証券会社に入社。独力でアッパー層に仲間入りした「外銀女子」である。

東京で最後に笑うのは恵まれた女?...それとも、努力の女?


7時出社、23時退勤。
朝から晩まで分刻みで詰め込まれるコール、ミーティング。
貯蓄額は毎月100万円単位で増えるが、使う時間は無い。

それが“外銀女子”である直子の日常だ。

「何でそこまでモーレツに働くの?」

そう尋ねられるとき、直子はいつも営業スマイルでこう答える。

「結果が出るのが楽しいので」

これは、あながち嘘ではない。しかし100%真実というわけでもない。

直子が“外銀女子”を続ける理由。それを語るには、彼女の27年間を振り返る必要があるだろう。

地方の下流家庭に生まれ育った直子。

“自分の人生を変えられるのは自分だけ”と早々に悟り、猛勉強の末に東京大学合格を果たした。

経済的な問題で塾にも行かせてもらえなかったため、独学で掴んだ未来への切符である。

東大卒業後は、生まれも育ちも関係ない“実力主義”に惹かれて外資系証券会社に入社。

自らの稼ぎで広尾の高級マンションに暮らす直子は、ついに東京アッパー層へ仲間入りしたと言っていいだろう。

しかしハイソサエティでの生活は同時に、直子にあることを知らしめた。

直子が努力に努力を重ねてようやく掴み取った“成功”を、いともたやすく、大した努力もせずに、生まれながらに手中に収める女がいることを。

【外銀女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo