急募:僕の嫁 Vol.9

親の敷いたレールに乗ってきた29歳エリート男。塩対応な女子に惹かれてしまう理由

運命の相手と出会いたい。誰もが思っていることではないだろうか。

では、運命の相手はどこにいるのだろう。

まだ出会っていないだけ、どこかにいるのだ。

そう思い続けてきた曽根進太郎、29歳。恋愛経験はゼロに近い。

彼の人生をかけた、“運命の相手”探しが今、始まる。

◆これまでのあらすじ

自暴自棄になっていた進太郎だが、うまくいかない原因は自分にあるのではないかと気づき始める。自分を変えるべく、動き出す進太郎だが…?


“私は、仕事とプライベートは、きっちり分けたいと思っています。申し訳ありませんが、職場の方とは、プライベートの時間までお付き合いするつもりはありません。

会話くらい…と思われるかもしれませんが、私なりに線引きさせてもらっています“

帰宅した進太郎は、ソファに寝転んで梅田の......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自分では何も決められないのかぁ。
結局、自分の母親のような人を選びそう。
でも、定期便のこと、やっと言えて、成長したよね。この成長はかなり遅いけどね。
2020/06/02 05:2699+返信3件
No Name
うーん、今までの話でのこの男性へのイライラ感の原因が、自分で決められなかったからとはおもえない!😅
2020/06/02 05:5348返信1件
No Name
トマトも生ハムも貴方じゃなくて、作った人が上手いから美味しいのですよ。
2020/06/02 05:5536返信14件
No Name
そこまで梅田さんに執着しなくていいと思うけど…
彼女がいる時間にスーパーに現れるつもり?
2020/06/02 08:0920返信2件
No Name
別に自分に強い意志なくてもいいと思うけどね。言い換えれば相手に合わせる柔軟性があるってことだし。あとはパートナーも同じように聞く耳持ってる人なら、全然うまくいくよ。

それより、嫌だなと思う意志があるのに、勝手に相手が話を聞かないだろうとか決めつけたり、めんどくさがって逃げる方が、よっぽど問題だしムカつく。
2020/06/02 05:1819
もっと見る ( 65 件 )

【急募:僕の嫁】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo