年の差婚コンフィデンシャル Vol.4

資産家を死に至らしめたのは、愛だった…?秘書が告白する18年の“不適切な”関係

−年の差婚−

40代のリッチな夫に、20代の美しい妻。

多くの人は思うだろう。打算で結ばれた男女。
そこに「愛」などあるはずはない、と−

51歳で急死した資産家、山中修也。4年前に結婚した美しい妻の塔子(30)とは22歳の年の差婚だった。

−山中とは寝ていません。出会ってから4年半、一度も

未亡人となった塔子の口から明かされる、衝撃の真実。

保険調査員の小林真奈(30)は、次第にこの奇妙な夫婦の謎に巻き込まれていく。

未亡人が「唯一愛した人」だというコピーライターの古賀佳文(36)。その話に出てくる塔子は、真奈の知っている塔子とはまるで別人のようだった

翌日。釈然としない思いを抱えたまま出社した真奈に、新たな展開が待ち受ける−


危険すぎる届けもの


“小林さまにお話したいことがあります。ご連絡ください。ちなみにこのシャツと下着は、山中が私の部屋に泊まる時のために置いていたものです”

小林真奈(30)の手から、バサッと紙袋が落ちた。

そこに入っていたのは、洗濯され畳まれた白いシャツと男性用下着。前日にオフィスまで届けられたものだ。

なんでわざわざ?意味がわからない。っていうか…

―オジサンの下着持ってひとの職場に来るな!

混乱する頭をなんとか鎮めながら、真奈はこの奇妙な荷物の届け主のことを思い出していた。

松浦芽衣子。YNホールディングス秘書室室長。たしか年齢は40歳手前、秘書歴は15年以上になるはずだ。

「頭が痛い、医者を呼べ」という電話の直後に意識を失い、そのまま還らぬ人となった山中の最後の声を聞いたのは彼女である。

もちろん真奈は、この松浦秘書室長に何度か会っている。どことなく女優の木村多江に似た雰囲気の、物静かな和風美人。

時折涙を見せることはあったが聴取にも淡々と応じ、落ち着いた女性という印象だった。こんな大胆なことをするようには、とても見えなかったが…

メモに書いてあることを信じるなら、その松浦女史は、山中を家に泊めて下着を洗うような関係だったということになる。

そして「小林さまにお話したいこと」とは一体何なのか。

−これ以上首を突っ込んだらヤバいことになりそう…

真奈の第六感が真っ赤な危険信号を発し続けている。

でも、選択肢は1つだ。会うしかない。

【年の差婚コンフィデンシャル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo