恋と友情のあいだで~廉 Ver.~ Vol.2

「好きだよ、可愛い」。ベッドでの常套句を駆使し、モテ期を堪能する商社マンの秘めたる思い

−なぜ今、思い出すのだろう?

若く、それゆえ傲慢だった同級生・相沢里奈の、目を声を、ぬくもりを。

持ち前の器用さと明るい性格で比較的イージーに人生の駒を進めてきた一条廉(いちじょう・れん)。

しかし東京は、平穏な幸せを簡単に許してくれない。

運命の悪戯が、二人の男女の人生を交差させる。これは、“男サイド”を描いたストーリー。

まるで青春ドラマのような学生生活を過ごした廉は卒業後、難なく第一志望の総合商社に就職を決める。

“商社マン”となった廉を待っていたのは、人生最大のモテだった。


「一条!お前、金曜のCA飲み来るよな?」

会議室を出たところで、後ろから肩を勢いよく掴まれた。

振り返ると、ニッと白い歯を見せて笑う浅黒い男の顔。同じ金属部門の先輩、藤井さんだ。

彼は僕のことを随分と気に入り、可愛がってくれている。

と言っても、それは何も藤井さんだけに限った話ではない。

僕は昔から人付き合いに苦労したことがなくて、先輩後輩問わずどこに行ってもすぐに友達ができるし、気づけば輪の中心にいる。

同期の集まりでも早々にリーダー役を務めるようになり、入社して1年が経とうという頃には、同じ部門はもちろんのこと、他部門でも広く“一条廉”の名は知られるようになっていた。

しかしそれにはちゃんと理由がある。僕は公私ともに、めちゃくちゃ付き合いがいいのだ。

「もちろんっす。っていうか聞いてください。俺、この前すっげー可愛いグラドルの子と知り合ったんすよ。友達紹介してって頼んであるんで、決まったら必ず藤井さんのこと誘いますから」

「まじ!?お前、ホント仕事できるよな」

ご満悦の先輩に自信たっぷりに頷いて見せた、その瞬間。視界の端に見覚えのある女の姿が映って、僕はハッとする。

呆れ顔で僕に冷たい視線を送る女…相沢里奈だ。

【恋と友情のあいだで~廉 Ver.~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo