高学歴女子の遠吠え Vol.1

高学歴女子の遠吠え:「なんで、あのレベルの女と結婚する訳…?」ハイスペ男子の結婚式で僻む女

―なんで“にゃんにゃんOL”を選ぶの!?

ハイスペ男子の結婚式で、こう思ったことのある高学歴女子は多いのではないだろうか。

お嬢様女子校から東大に入り、コンサルティング会社でマネージャーになるべく仕事に邁進している大西夏希(28歳)もその一人。

一流大学に入り、一流企業で仕事を頑張ってきた自分は、婚活なんかしなくても自然と結婚できるはず ……。

そう思っている夏希が、結婚できない本当の理由とは―?


―なんで、あんなレベルの女と結婚する訳……?

夏希は、ここ2、3年で何度も抱いたこの感情が顔に出ないよう必死に笑顔を作り、入場してくる新郎新婦へ向け拍手をおくった。周囲は我先にと新郎新婦へ駆け寄り、写真におさめようとしているが、とてもそんな気分にはなれない。

今日は、勤務先のコンサルティング会社の同期、藤澤慶介の結婚式の二次会に来ている。28歳の夏希の友人の間では、数年前から結婚の第一次ピークが訪れていた。

男性アナウンサーのような爽やかな風貌の慶介は、内定式の時から目立っていた。懇親会で慶應の内部生ということを知り、夏希は密かに心ときめかせていたのだ。

港区にあるお嬢様学校として名高い女子校に初等科から通い、学年でただ一人東京大学へ進学した夏希。努力に努力を重ねてきた自分こそが、ハイスぺ男子ともてはやされている人種と釣り合うはずなのだ。

…それなのに。

夏希が消化しきれていないのは、自分と進展しなかったことでは無い。新婦の“スペックの低さ”に胸がざわつくのだ。

慶介の隣で勝ち誇ったような笑みを浮かべている新婦の見た目は、中の下。ウェディングドレスを着ていても、腰の位置の低さがハッキリと分かる。

自分だって絶世の美女では無いが、だからこそ努力して洗練された大人の女性になったつもりだ。その証拠に、年に一度は赴く海外の高級リゾートでも、恭しく扱ってもらえている。グローバルに通用する風格を身につけたのだ。

それに引き換え、この新婦の年齢に伴わない品格の無さは何だろう。これを愛嬌とでも言うのだろうか?

夏希が悶々としている間に、会場では二人の生い立ちムービーが流れ始めた。朋子という名の新婦がお嬢様女子大出身ともちあげられていて、思わず卒倒しそうになる。夏希が初等科から通った女子校に、大学から入ったようだ。

お嬢様って…。大学からのクセに厚かましい。

女子大を卒業後は大手広告代理店で働いていたそうだ。契約社員に違いないのだが、敢えて触れずにムービーは進んでいく。

…つまり、にゃんにゃんOLってことね。

苦々しい思いをシャンパンで流し込んでいると、背後から「夏希~」と甘ったるい声がした。

【高学歴女子の遠吠え】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo