ハイスペ婚の履歴書【妻】 Vol.4

婚活に必要なのは、打算だけじゃない。四国から上京した“Bランク女子”がハイスペ婚できたワケ

好き、じゃなきゃ結婚できない。
でも好き、だけでも結婚できない。

東京で勝ち組でいつづけるには生まれ・学歴・収入・ビジュアルが複雑に絡んでくる。欲望と打算と、認めたくない妥協と。

勝ち組と言われる結婚をした夫婦たちは、どう折り合いをつけハイスぺ婚に至ったのか?

披露宴で聞かされる新郎新婦の馴れ初めなんて、正直もう聞き飽きた。

ハイスペ婚に辿りついた夫婦たちの、これまでの人生とは?

商社マン英樹が不覚にもときめいた元カノ、紗子の上京物語―。

万年Bランク女子:紗子(31歳)の専業主婦の場合


いかにもセレブ妻という女性で溢れる『ザ トウキョウ フルーツ パーラー』の窓際の席に、遠慮がちな様子で紗子は座っていた。

彼女は上京して10以上年経つというが、未だ観光客の様な雰囲気を醸し出している。セルフネイルを施した爪先は所々剥げていて、それが生活感が漂わせていた。



英樹君から、どこまで聞いていますか?

彼とは同郷で…高校生の時お付き合いをしていました。と言ってもママゴトの延長の様なお付き合いでしたが。

英樹君は、真面目なんです。だから空港のラウンジで再会した時、派手な奥様を連れていてビックリしちゃいました。

松山で、女の子が勝ち組と言われる人生を送るのは大変なんです。観光業が大半を占める街で、結婚相手に人気なのは公務員か銀行マン。でも、適齢期の男性の人数が少ないから争奪戦で。

田舎での地味だけど安定した暮らしのために、その争奪戦に参加する気にはなれなくて。雑誌で見る様なキラキラした生活に憧れていた私は、東京にさえ行けば自分もその一員になれると信じていました。

だから一生懸命勉強して慶應大学に受かった時は、自分には無限の可能性があると思っていましたね。

…でも、入学式で早くも現実を突きつけられたんです。サークルの勧誘が殺到しているのは可愛い子ばかり。憧れていた読者モデルのいるサークルに入りたかったけど、尻込みせざるをえない状況でした。

だからって卑屈になっていても仕方がありません。

何とか馴染めそうなテニスサークルに入ることに決めて、ちとせ会館で開かれる新歓コンパにドキドキしながら行きました。ちとせ会館を“ちとかん”と略すことも知らなかった私には、それだけでも大冒険でした。

私、東京って平地で、坂道なんてほとんどないと思っていたんです。でも背伸びしてヒールを履いているのに、思いがけない坂道に何度も何度も戸惑いました。

まるで、東京という山を登っている様な感覚でしたね。

とにかく東京への好奇心と期待を、怖い目に合わず、どう満たすかで必死だったんです。

【ハイスペ婚の履歴書【妻】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo