東京マテリアル・ガールズ Vol.10

ライバルの蹴落としは“SNS”で。性悪女が堂々と胸を張る、インフルエンサーの闘いの全貌

女同士の闘いなんて、くだらない?

美貌・財力・センスのすべてを手に入れた女たちが繰り広げる、ヒエラルキー争い。

男からは求められ、女からは妬まれ、そして羨望の的となるカリスマ読者モデルの世界。

己の自己顕示欲を隠すことなく曝け出す彼女たちは、時に結託し、時に競い合う。

くだらない、と思うならどうか覗かないで欲しい。

優雅で美しくも、水面下で死にもの狂いで闘う、女たちの醜い生き様をー。

会計士として働くあおいは、女性ファッション誌『GLORY』の読者モデルとなり、その地位を確立していく。

そして、スタイルブック発売企画の候補だと知らされたあおいは、同じ候補の景子と張り合い、彼女がフォロワーを購入していることを編集部に告げ口して本発売の座を手に入れるが、気持ちは晴れなかった


「売り上げはそう悪くないですが…。少し、PRを増やす必要があります。」

数ヶ月間準備をし、2週間前に満を持して発売された、あおいのスタイルブック。

編集部一丸となって作り上げた渾身の1冊だったが、予想以上に売れ行きが悪いのだ。世話になっているGLORY編集部に「数字」で貢献が出来ない自分に、いたたまれなくなる。

発売後2週間経っても全く発行部数の伸びないあおいのスタイルブックは、「大コケ」と言われるレベルだそうだ。内部事情に詳しい何者かによるInstagramのコメント欄への書き込みで知った。

あおいは、匿名の誰かに何を言われても傷つかない心は手に入れていた。ただ、あれだけ頑張ったのに結果を出せなかったことが申し訳なく、悔しい。

副編集長の大沢は企画側の落ち度や、発売時期のタイミングの悪さを必死に説明してくれたが、自己嫌悪に陥るあおいに、追い討ちをかけるような一言を付け加えた。

【東京マテリアル・ガールズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo