恋愛中毒 Vol.13

恋愛中毒:無謀な恋を貫いた妻が我に返るとき。警告でなく救いに思えた、冷徹な夫の言葉

人妻が恋するのは、罪なのか。

裕福で安定した生活を手に入れ、良き夫に恵まれ、幸せな妻であるはずだった菜月。

結婚後に出会った彼は、運命の男か、それとも...?

人妻の菜月は、独身の達也と出会い恋に堕ちてしまう。禁断の関係は夫にまで知られてしまうが、二人はめげずに愛を誓う。そして菜月はとうとう離婚を切り出すが、海外赴任を控えた達也態度は曖昧になっていく。


―この時間が、ずっと続けばいいのにー

真夜中の薄暗い部屋のベッドの上で、菜月は達也の肌のぬくもりを噛みしめながら、ただひたすらにそんなことを願う。

家出をして彼の部屋に移ってから数日、二人は不自然なほど静かな日々を過ごしていた。

夫には一応「しばらく実家に戻る」と最......


【恋愛中毒】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo