注文の多い女たち Vol.3

注文の多い女たち:久々に現れた”私を好きだ”という人。でも、一体私の何がウケた?

「最近、良い出会いがない」

未婚・美人の女性に限って、口を揃えて言う言葉である。

しかしよくよく話を聞いてみると、その言葉の真意はこうだ。

「理想通りの、素敵な男性がいない」

フリーランスでバイヤーをしている岡村亜希(32)も、そんな注文の多い女のひとり。

後輩の結婚式2次会で若いだけの女に惨敗した亜希は、友人・エミと一緒に良縁祈願に出かける。

京都・鈴虫寺の住職から「あれこれ条件をつけてはいけない」と諭されたふたりは、それぞれ「ふさわしい人」を探し始めるが...


人のことならわかるのに...


「乾杯!やっぱり、夏の京都は最高ね」

エミの弾む声で、女ふたり、シャンパングラスを重ねた。

夜風に乗って届く水音と、納涼床を楽しむ人々の語らう声が風流なBGMとなって聞こえてくる。

「さすがエミ、いいお店知ってるね」

せっかくこの時期に来たのだからと、鴨川沿いでフレンチの床ディナーを楽しめる『フナツル キョウト カモガワ リゾート』をエミが予約してくれた。

32歳、存分に遊んできた女は、並の男以上に完璧なデートプランを用意できる。だからどんどん、男性に対する要望も高くなっていくのだ。

「百合ちゃんも、一緒に来られたら良かったねぇ」

早くもシャンパンを飲み干したエミが、思い出したように呟いた。

百合ちゃん、というのは亜希の大学時代の友人である。高校まで白百合学園に通っていたお嬢様だが未だ独身。お食事会に参戦する時などに3人で集うことがよくあって、エミとも面識がある。

今日も声をかけたが、家族で父親のお誕生日をお祝いするの、と断られてしまった。

「百合ちゃんこそ、“ふさわしい人”探すの大変そうだよね。どう見ても金のかかる女なのに本人にその自覚ないからな...って、人のこと心配してる場合じゃないんだけどさ」

エミがひとり突っ込みをして舌を出すので、亜希も笑いながら大きく頷いた。

百合が未だ独身である原因は、亜希から見てもエミの言う通りだと思う。

...ふたりとも、人のことなら手に取るようにわかるのだ。

【注文の多い女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo