最後の恋 Vol.7

愛欲に溺れる人気絶頂バツイチ俳優を、15年間支えた挙句に捨てられた女。彼女の知らぬ男同士の密約とは

人はいつだって、恋できる。

だが振り返ったときにふと思うのだ。

あのときの身を焦がすような激しい感情を味わうことは、もうないのかもしれない。あれが「最後の恋」だったのかもしれない、と。

それは人生最高の恋だったかもしれないし、思い出したくもない最低な恋だったかもしれない。

あなたは「最後の恋」を、すでに経験しているだろうか…?

この連載では、東京に住む男女の「最後の恋」を、東京カレンダーで小説を描くライター陣が1話読み切りでお送りする―。

前回は、イケメン俳優・タケルと1年限りの恋をした女性を紹介した。

今回はそんなタケルを傍で見守ってきた、あるマネージャーの物語―。


「タケルさん、今夜もお疲れ様でした。明日のオーディションは12時からで、時間はあるけど、今夜は女の人のところに行かないでちゃんと部屋に戻ってくださいね。…俳優人生の大一番よ」

私は車のバックミラー越しに、後部座席のタケルを見た。私の声なんてまるで聞こえない、というふうに彼は外を......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
結局、ミサと恋に落ちたっていうのはミサの勘違いで、女遊びするためにタケルが相手に合わせて演技してたってこと?
万が一ミサの子供がタケルとの子だったらと思うと恐ろしい…
2019/02/18 05:5899+返信10件
No Name
蓮子はちゃんとしているからこそ隆太郎を選んだ、というか隆太郎に常に心が向いていた気がします。タケルは選ばれない理由がある。切ないけども。
2019/02/18 05:3699+返信1件
No Name
うーーん。
男性から見たらこれって美しい友情なのかなあ。
女から見ると、タケルの優しさが傲慢に見えちゃうかも。親友のために身を引きましたなんて。。
身を引いてなくても、選ばれてなかったかもよ。
2019/02/18 05:3299+返信2件
No Name
人が羨むほどの稀有な美貌を持っていても、才能や頭のよさを持っていても、結局一番欲しいものは永遠に手に入らない、という、よくあるストーリーなのかな?
2019/02/18 06:2784
No Name
今日の一話の素敵なオチに実はちょっとウルウル
してました。
あまりにも素直に読み止めてしまって(笑)
皆様のコメがとても深くて勉強になります、私はまだまだ読みが甘い!
2019/02/18 07:5365返信7件
もっと見る ( 75 件 )

【最後の恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo