最後の恋 Vol.2

最後の恋:20日間、姿を消した夫。“昔好きだった男”に心奪われた妻へ、非情な制裁が下された夜

人はいつだって、恋できる。

だが振り返ったときにふと思うのだ。

あのときの身を焦がすような激しい感情を味わうことは、もうないのかもしれない。あれが「最後の恋」だったのかもしれない、と。

それは人生最高の恋だったかもしれないし、思い出したくもない最低な恋だったかもしれない。

あなたは「最後の恋」を、すでに経験しているだろうか…?

この連載では、東京に住む男女の「最後の恋」を、東京カレンダーで小説を描くライター陣が1話読み切りでお送りする―。

先週は、外銀男・悠の話を紹介した。

今回は、そんな悠を捨てた由梨子の、その後の物語。


「由梨子ちゃんのこと、あの頃本当は、好きだったんだよ」

“彼”からそう耳打ちされたとき、今まで知らなかった感覚が私の全身を駆け巡った。心臓がトクトクと脈打ち始め、全身に熱い血が一気に流れ出す。そんな不思議な感覚だったー。



それは、今から5年前。

当時37歳だった私は、結婚して2年目になる夫と、高輪のマンションに二人で暮らしていた。

5歳年上で、中小企業を経営する進次郎は、私にとってまさに理想の夫だ。温厚な性格で、豊かな暮らしを与えてくれる経済力を持ち、私のことを深く愛している。

だからこそ私は、それまでの青春の延長のような恋愛関係にピリオドを打ち、進次郎を結婚相手に選んだのだ。

彼に対して、熱く燃え上がるような感情もなければ、ときめきもない。ただ、彼の隣にいると、なんとも言えない安心感に包まれ、とにかく居心地が良い。

それにー。

どんなに身を焦がすような恋も、一時の感情に過ぎない。

時が経ってしまえば、愛を誓い合った二人の関係は形を変え、ともに人生を歩む同志のような存在になる。夫婦とは、そういうものだ。

そう信じていたから、私は進次郎との夫婦生活に、心から満足していたはずだった。



それなのにどうして私は、あの時、過ちを犯しかけたのか。

5年経った今、心の底から後悔している。

あの日、あの場所にさえ行かなければ、きっとこんな風に、取り返しのつかない結果を招くことはなかったのに。

【最後の恋】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo