注文の多い女たち Vol.2

注文の多い女たち:気づけば32歳。自由な時間・お金と引き換えに手放したもの

やっと手に入れた、自由な時間とお金


亜希はずっと、大好きなファッションと海外旅行を仕事にしたいと夢見ていた。

上智大学卒業後、広告代理店で8年間営業職をしながらも夢を諦められずにいた30歳の時、チャンスが訪れる。

知人の紹介で出会ったアパレル会社の社長が亜希のセンスをかってくれ、新しくオープンするセレクトショップのバイイングを任せると言って独立を支援してくれたのだ。

それからは文字通りがむしゃらに仕事を追いかけて、事業がようやく軌道に乗ったのは最近のこと。気がついたら、32歳になっていた。

やっと手に入れた、好きなことをして働く喜びと自由な時間、そしてお金。

これらを何一つ手放す必要のない男性と結婚したいと願うのは、贅沢なのだろうか。


ようやく順番がきて、ふたりは小菓子と冷たいお茶が用意された座敷へと案内された。

壁際には透明のケースが並んでいて、飼育されている大量の鈴虫が涼しげな音色を奏でている。

「どんな願い事でも、1つだけ叶えてくれます。鈴虫寺のお地蔵さんはわらじを履いておられますから、日本全国ど......


【注文の多い女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo