結婚できない女 Vol.11

結婚できない女:20時開始の食事会に、ほろ酔いで登場。誘いの絶えないモテ女の残念な理由

熾烈を極める東京婚活市場。

その中で「結婚したいのに結婚できない」と嘆く女には、いくつかの共通点がある。

ある行動により自分の市場価値を無駄に下げる女、逆に実態なく価値を上げ過ぎて機会損失している女……。

これまで、24時の誘いに乗る女都合のいい女提案してしまう女王子様を探す女食事会NG通告を受けた女〆のラーメンに行く女花嫁修業する女自分だけ100点の女誰も愛せない女港区女子などの事例を紹介してきた。

今回は、モデル並のスタイルを持つ泉が登場。美人で性格も良い泉はなぜ、結婚できない?


遅刻してきた美女


「…すみません、横、いいですか?」

とある週末、代官山で開催された、某オーガニックコスメの新商品お披露目イベント。

さとみ(当連載に度々登場し、結婚できない女たちにぐさりと刺さるセリフを残しているセレブ主婦である)は、青山のPR会社に勤める亜季を通じ、インスタグラマーとしてこのイベントに招待されていた。

亜季の指示に従い開始時刻の30分前、13時に開場入りしたさとみは、ゆったりとイベントの開始を待っていた。

会場が暗転し、もう始まるぞというぎりぎりのタイミングで、ひとりの女が駆け込んできたのだ。

「もちろん、どうぞ。」

遅刻した彼女がスムーズに着席できるよう、さとみは彼女の椅子を少し引きながら小声で応じ、声の主を見上げる。

―わ、綺麗な子…。

20代後半だろうか。整った顔立ちもだが、何よりタイトスカートのスリットからのぞく長い脚に目を奪われた。トレンドを取り入れたウエストマークベルトも、彼女のスタイルの良さを強調している。

「ありがとうございます。前の予定がギリギリで遅れちゃった…!」

見惚れているさとみに、人懐っこい表情で彼女は微笑んだ。自身の美しさを鼻にかける様子など微塵も見せず、白い歯をのぞかせて。

―この子、男女問わずモテるだろうなぁ。

これが、遅刻してきた美女・泉に対する、さとみの第一印象だった。

【結婚できない女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo