チヤホヤされたい東京妻 Vol.7

「34歳は立派なおばさん」と謙遜してみせても。チヤホヤされると浮足立つ妻

結婚して妻になった途端、女はオンナでなくなるのだろうかー

かつてはあれほど自分を求めた夫も、結婚後は淡白になり、ただ日々の生活を営むパートナーになった。

外見に気を遣い、綺麗な女であろうとしても、褒めてくれるのは同じ主婦ばかり。

そんな中、自身の市場ニーズを確認するべく、既婚者限定の食事会に参加した遥。

そこで会社経営者の藤田と出会い食事に行ったり、マキコ達新たな食事会へ参加する遥だが、一線は超えずにいた。

そんな中、遥は主婦雑誌の撮影で大学時代の仲間と遭遇した。


若さからくる自信と万能感など、加齢と共に消えて無くなることは言うまでもない。

遥たちがよく掲載される主婦雑誌には、毎月必ず「これでもう迷わない!年齢別コーディネート」や「若見えする秘訣、教えます」などの見出しが躍っている。

さも、「女は年齢に見合った服を着るべき。さもなくば、若く見えなければいけない」とでもいいたげだ。

34歳という年齢は多くの女性にとって、自分の生き方を振り返るきっかけとなる。結婚を急いでみたり、子供を持つリミットをふと考えてみたりするのだ。

しかしそれは妻や母となった後でも美貌を維持し、ファストファッションを買い漁る必要のない遥たちとて例外ではなかった。



撮影が思ったより長引いた為、小林と遥は表参道の『スモークバー アンド グリル』で夕食をとることにした。

「それにしても本当に変わってないね、藤村さん。」

小林は、自分が勤めるメーカーの商品を手に微笑む遥を、懐かしそうに見守っていた。その眼差しに遥の警戒心は解け、学生時代と同じように気楽に2人で店内に入る。

「そう?もう34歳の、立派なおばさんだわ。」

自分の容姿には並々ならぬ自信を持っている遥だが、最近は口元のほうれい線が気になっていたところだ。謙遜しながらも、嬉しさを隠せない。小林は続けた。

「いや、俺の嫁も同じ歳だけど、酷いもんだよ。着る服も自分なりに気を使ってるみたいだけど、なんか決まってないというか。髪もよくプリンになってるし。まぁ、小さい子供が2人もいれば仕方ないかもしれないけど。」

自分の妻の容姿を悪く言う小林に、遥は少し違和感を覚える。

Facebookに投稿されていた結婚式の写真を見たことがあるが、小林の嫁はやや大きすぎる位の目をした、アイドル系の美人だったはずだ。


それに自分なりに気を使っている、ということはファッションに興味がないわけではないのだろう。

ただ、2人の子育てに追われ小林のようなメーカー職の夫を持つ専業主婦が、そう頻繁に美容院に行けるわけではないことを遥は知っている。

それが妊娠をきっかけに仕事を辞め専業主婦になり、世間の描く幸せな家庭像に沿って子供を2人産む。すると、どうなるか。

2人分の学資保険や教育費、住宅ローンに圧迫され、女は自分にかけるお金がぱたっと無くなる事に気がつくのである。

【チヤホヤされたい東京妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo