港区ラブストーリー Vol.10

港区ラブストーリー: 2015年汐留での誓い。新妻が夫に隠し通そうと決めた残酷すぎる真実

東京都港区。

東京の中心であるこのエリアには、数多くの“ロマンス”が詰まっている。ドラマみたいな出来事や、ドラマ以上の出来事が港区で過ごしていれば、降りかかってくることもある。

この“港区ラブストーリー”は、2007年に出逢った26歳の女と24歳の男の2016年までの恋模様、“あの日、あの時、港区で”の様子を描き出していく。

2007年、麻布十番で知り合った、ラジオ局勤務のさとみとテレビ局でADをしている潤。付き合いだした二人は麻布十番で半同棲生活を送るなど、幸せな日々を送っていたが、潤の度重なる浮気が発覚し、二人は別れてしまう。

それからさとみは婚約し、潤には彼女ができた。そんな二人が、2013年友人の結婚式で再会する。お互いの事が気になりながらも、それきり二人は会うこともなく……。


2015年:コンラッド東京開業10周年


由梨は東京タワーのふもとにある病院を出て、カフェに入ろうと汐留シオサイトへ向かった。5区のイタリア街はドラマやCMの撮影で使われることも多い場所。

由梨はこの雰囲気が好きで、妊婦健診の帰りはここに立ち寄るのが恒例となっていた。

店に入りハーブティを飲みながら、手帳を取り出す。妊娠した時期を逆算すると、やはり潤が1ヵ月の海外出張に行っていた時期になる。

相手は潤と出会う前に付き合っていた翔だ。地元の群馬に帰っていた彼から「仕事でしばらく東京にいるんだ」と連絡が入り、軽い気持ちでその日の夜食事に行った。

久しぶりの再会でテンションが上がってしまい、互いに相当な量のお酒を飲んだ。気付けば朝の6時、翔が泊まっているホテルで目覚めた。どちらも服を着ておらず、由梨は「とんでもないことをしてしまった」という焦りに襲われた。

だが、翔との逢瀬はそれから何度か繰り返された。

「もう一度付き合いたい」と言う翔の言葉を、のらりくらりとかわしながら、潤のいない寂しさを紛らわせていたのだ。

「ズルイ女だな」と自分のことを軽蔑しながらも、翔と会うことをやめられなかった。

「忙しすぎる潤が悪いんだから」

そう思うことで、自分の罪悪感を軽くするよう努めていた。

妊娠時期を計算すると、相手は翔だと考えるのが自然なのだ。そのため妊娠が分かって以来、由梨は葛藤が続いている。


このことを潤に打ち明けるか、一生自分の胸に秘めておくか。考えは分単位で変わり、由梨の情緒は不安定極まりない。自分が犯した過ちをどんなに後悔してもしきれず、自分を責め続けている。

潤にお腹を触られながら、嬉しそうな笑顔をむけられる度、罪悪感に苛まれ彼の顔を見ることもできなくなっていた。

―絶対に、秘密を守り通そう。―

悩んだ挙句、由梨が出した答えはそれだった。

【港区ラブストーリー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ