代々木上原の女 Vol.5

代々木上原の女:「私、このままでいいのかな…」損保OLの尽きない不安への痛烈なダメ出し

埼玉県出身のユリ、27歳。大手損害保険会社でエリア総合職として勤務。強い自立心を持った彼女が、彼氏と同棲していた港区を抜け出し、代々木上原という地で、迷い、葛藤しながら自分らしさを取り戻す。

南麻布に住む彼氏・聡のレシート明細を見て浮気を知ったユリは、会社の先輩・綾子に憧れ、代々木上原から徒歩圏内の幡ヶ谷エリアに引っ越す。

一人暮らしにも慣れ、楽しさを感じていたが、元彼・聡からの連絡でモヤモヤし始める。現状を打開しようと転職サイトに登録するが、年収450万事務職OLという自分の価値を知ったユリは、会社の先輩である綾子に相談することにしたが…?


「自分のこと、そこそこイケてるって思ってるんじゃない?」スーパー綾子からの強烈なダメ出し


綾子と代々木上原の『青』で待ち合わせた。美味しいお酒と食事が楽しめるこの店は深夜2時までやっているので、夫婦でよく来るらしい。


今日の綾子は、ピンクがかった薄いベージュのパンツスーツに、セルジオ・ロッシの同色系のヒール、鞄はロエベのボストンバックを合わせている。どんな仕事着でも、女性らしい柔らかな雰囲気をいつも漂わせている。

早速、最近のモヤモヤについて話した。27歳、一般事務職で彼氏なし。未来への希望でいっぱいだった20代前半と比べると、今は不安しかない。

やりたいことがある訳でもないし、好きな人がいて結婚したい訳ではない。転職サイトに登録したものの、大企業の一般職という現状より良いと思える現実はなかった。

どうすればこの中途半端な現状を抜け出せるのだろうか。少しでもヒントが欲しかった。

しかし綾子はユリの話を最後まで聞き、その悩みを一刀両断した。

「ユリちゃんは、結局どうしたいの?」

多少ならずとも共感を求めていたが、そんな気配は全くない。

「ユリちゃんてさぁ…。見た目も可愛らしいし、周りと比べて自分はそこそこイケてるって思っているんじゃない?」

ぐさぐさと核心をついてくる。

「それなのに、あれが足りない、これが足りない。本当の私はこうじゃない。そんな不満ばかり並べてさ。自分で選んだ人生でしょ?」

本質をつかれたようで胸が痛かった。

将来に対する不安がゼロになることはない?


意気消沈しているユリに気付きながらも、綾子はここの名物であるうにいくら丼を美味しそうに食べている。その細い体からは予想できない食欲だ。


結局その日は早々に切り上げた。軽い溜息をつきながら綾子はこう言った。

「色々言っちゃったけどさ、将来に対する不安とかモヤモヤがゼロになることなはいよ。」

意気消沈しているユリを見かねて言ったのか、本心は分からなかったが、「スーパー綾子」にも、人知れず悩みがあるのかもしれない。そう感じた。

【代々木上原の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ