商社マン優作 Vol.8

商社マン優作:マドンナの誘惑に勝てるのか?商社のぬるま湯地獄にご注意を。

ー総合商社に入れば、人生、一生安泰で勝ち組。ー

東京において、商社マンというのは一見、社会的ステータスの高い、万能なカードに見える。

しかし、果たしてそれは事実なのか?

花形部署に任命され、無敵だと信じていた24歳、異例の部署変え人事で同期の賢治とトレードされた27歳。フィリピンで海外赴任の寂しさを知り、 海外赴任アバンチュールを麻里子と楽しんだ直後に麻里子の妊娠が発覚した28歳

バナナ・プリンスになって日本に帰国しスーパーマーケット事業部に飛ばされた31歳。同期との出世レースが始まる中、32歳になった優作は遂に結婚を決意する。


終身雇用制・一生安泰の商社?


「馬鹿野郎!!お前、なんでこんな事態になってんだよ!」

荒木課長から会議室に呼び出され、扉を開いた途端に物凄い勢いで罵声を浴びさせられた。

「お前この契約の意味分かってるだろ?こんな大きな契約を... 」

大手スーパーマーケットのワイン事業が苦戦しており、うちの事業部が去年から立て直しに入っていた。今回の狙いとしては彼らの物流システムと国内のコネクションを利用し、フランスの大手ワイナリーと独占契約を結んで市場に流通させるはずだった。

「突如製造ラインがストップしたって連絡が来たんだよ。出荷も危うい状況らしいし、どうすんだよ、これ。」

卸先のクライアントはもう動き出している。今回、この事業が成功して結果を出せば社内評価が上がる大きな仕事だった。そんな大仕事を任されて舞い上がっていたが、現実は厳しかった。

「申し訳ございません...」

謝ることしかできない自分がいた。

「何とかしろ、この事態。お前だから任せようと思ったんだからな。」

「分かりました、至急対応します。」

久々の大きな失敗。フランスでも有名な老舗のワインメーカーで、信頼度も高く、安心していた。今後の対応を考えながら会議室を後にする。

会社の廊下を歩きながら、(こんな状況で不謹慎だと思うが)商社に属していて良かったと思った。ミスをしても、昼寝をしてもクビにはならない。万が一、独立して自分一人でこの損失を被らないといけない状況だったら... 想像するだけで背筋が凍りついた。

【商社マン優作】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ