商社マン優作 Vol.3

商社マン優作:憧れの駐在ライフの実情は?独身と世帯持ちの大きな差を知る海外赴任28歳

ー総合商社に入れば、人生、一生安泰で勝ち組。ー

東京において、商社マンというのは一見、社会的ステータスの高い、万能なカードに見える。

しかし、果たしてそれは事実なのか?

商社という舞台には、外部からは計り知れない様々な人間模様があり、出世レースに関する嫉妬と憎悪に満ちた縦社会のプライド合戦も繰り広げられている。

早稲田大学商学部卒業後、大手総合商社に入社した優作。彼の商社マン人生は、薔薇色なのか、それとも?


花形部署に任命され、無敵だと信じていた24歳。仕事に乗ってきた矢先、異例の部署変え人事で食品部に移動になった27歳。落ち込んでいた矢先、優作の代わりにエメルギー部に配属されたのはまさかの賢治だった...


海外赴任のその先に


ブォンブォンというけたたましい音と共に、 ガソリンの煙が充満する街を一人、汗だくになりながら歩く。

赴任先は、フィリピンのマニラだった。

「バナナ君、頑張ってバナナ王子になってこいよ。」

同僚に見守れながら日本を発ち、今日で約3ヶ月目になる。出発の日、成田空港まで見......


【商社マン優作】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo