商社マン優作 Vol.11

商社マン優作:役員になれる人 vs 平社員で終わる人。コネと欲望が渦巻く商社の闇

ー総合商社に入れば、人生、一生安泰で勝ち組。ー

東京において、商社マンというのは一見、社会的ステータスの高い、万能なカードに見える。

しかし、果たしてそれは事実なのか?

商社という舞台には、外部からは計り知れない様々な人間模様があり、出世レースに関する嫉妬と憎悪に満ちた縦社会のプライド合戦も繰り広げられている。

早稲田大学商学部卒業後、総合商社に入社した優作。

赴任先でバナナ・プリンスになったが、帰国と同時に新たな事業部に飛ばされた31歳。同期のヘッドハンティングや給料差に愕然とした34歳35歳になり、仕事で成功を納め、商社マン人生の中でも最もやりがいを感じたが、宿敵・花澤部長の動向に焦り始めた優作であった。


役員になれる社員vs部長・課長で終わる社員


花澤部長が出向先から帰ってきて役員になったら...

麻里子の話を聞いて以来 、永遠に出世できないのではないかと不安になった。窓際族になり、子会社へ放り出される自分の姿を想像して恐ろしくなる。

元々花形のエネルギー部門にいたのに、優作と一番仲が良かった同期・賢治とトレードし......


【商社マン優作】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo