東京☆ビギナーズ Vol.16

いよいよ明日で最終話!「東京☆ビギナーズ」全話総集編

突如、大阪から東京への転勤を命じられた関西人シンゴの東京奮闘記!
シンゴに襲い掛かる東京の訳の分からない文化に、シンゴはいかに立ち向かうのか!

酒席での数々の名必殺技も飛び出した「東京☆ビギナーズ」一挙に全話おさらい!

第1話:28歳大阪からの上京。「ノールックいいね!」に愛はあるのか

― ついに来てしまった。もう、やるしかない…。―

スーツケース片手にネイビーのスーツを着て、東京駅八重洲口にたたずんでいたのは、シンゴ(28歳)。

新宿を本社におく、大手インターネット広告代理店に勤める営業マンだ。

第1話の続きはこちら

第2話:決戦は金曜日。「ご飯が普通。こんな合コン嫌」と麻布十番で言われた衝撃。

大阪で生まれ育ち、関西の国立大学を卒業後、とあるインターネット広告代理店の大阪支社で働いていたシンゴ(28歳)。

仕事も遊びも順調だった彼に、社会人6年目のある日、突然の東京転勤が言い渡される。

遊んでくれる友人もおらずへこんでいたシンゴに、優子という大学の後輩から突然の連絡が。

第2話の続きはこちら

第3話:「私、社長系にしか抱かれないの。」六本木の悪夢

東京で6年振りに会った大学時代の後輩「優子」との合コンは惨敗。

PR会社に勤務し、すっかり都会に染まってしまった彼女に、完膚なきまでにセンスの無さを叩きのめされることとなった。

そんなシンゴが少しだけ東京に慣れてきた頃のお話。

第3話の続きはこちら

第4話:天然シンゴ vs 腹黒優子 代官山マウンティングバトル

大学時代の後輩・優子主催の合コンで出会った大手PR会社勤務の「玲子」と、夜の六本木のメキシカンレストランでデートをすることに。

東京に不慣れなシンゴに、優子がレクチャーした必勝デート法を駆使して挑むものの、最後は「私、社長系にしか抱かれないの。」と、あっさりとフラれてしまう。

第4話の続きはこちら

第5話:西麻布、東京を味わい尽くした肉食女子社長との闘い。

前回の玲子とのデート反省会をしていた。天然シンゴは、腹黒優子のマウンティング攻撃をものともせず、あっけらかんとしていた。

そのことに対して面白くない様子の優子は、様々な「訳アリ」の女を紹介し、シンゴを叩きのめそうと画策。第一弾はなんと…。

第5話の続きはこちら

【東京☆ビギナーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ