リアル働きマン葉子!黒革の編集手帳 written by 内埜さくら Vol.14

リアル働きマン葉子!なぜアラフォーは簡単に幸せになれないの……?

前回までのあらすじ

食雑誌である『月刊東京ウォーキング』の編集者・高嶋葉子(35)は、この道10年目の中堅、未婚、彼氏アリ。誠実で愛すべき 年下彼氏である橘 京太郎(28)は、年収320万円。

京太郎の元恋人、槇本梨沙は、未練たらたらでふたりの仲を裂くため、京太郎に恋焦がれる職場の後輩である倉田紗耶香を懐柔。紗耶香が京太郎にキスしたことを知る。

そんななか、大学時代の友達が紹介してくれた、新進気鋭の若手実力派コンサルタントとして、テレビや経済誌などの常連になりつつある才島孝央から、「結婚前提の」交際を申し込まれ、葉子の心は揺れる。

そしてついに梨沙は、葉子に紗耶香の件を暴露し、葉子は京太郎に別れを告げる。

あとを追いかけた京太郎がみたものは、葉子と才島の仲睦まじい姿だった。

前回:リアル働きマン葉子!自宅で鉢合わせした本命彼氏とキープ男……

 葉子が自分の知らない男と親しげにタクシーから降りてくる姿を目撃して1週間経つが、京太郎は葉子と連絡を絶ったままだった。あの夜と翌日、葉子からは何度か着信があり、「話をしたい」とLINEも来たが、とてもではないが応じる気持ちになれなかった。

 いまの自分は年収320万の頼りない男......


【リアル働きマン葉子!黒革の編集手帳 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo