高嶺のカナ Vol.6

「2人は付き合ってるの?」イケメンから聞かれた、交際したての男女。その時、女の答えは…

「好きになった相手は、高嶺の花だった」。

もしもあなたが、手の届かないような存在の相手を好きになってしまったら、どうしますか?

石崎健人(27)が恋に落ちたのも、自分には釣り合わないと諦めていたような“高嶺の花”。

それまで身の丈にあった、分相応な人生を送ってきたはずの男が、憧れの女性を手に入れ、結婚まで漕ぎ着けた方法とは…?

◆これまでのあらすじ

それは2年前、健人が25歳の頃のこと。運良く交際にこぎつけたものの、距離が縮まらずに焦っていた健人。だが花奈の悩みを知り、あることを提案する。


健人は、目覚まし時計が鳴るより早く目が覚めた。

これまではスヌーズ機能に頼りっぱなしで、ベッドでギリギリまで粘っていたというのに。

ベッドから手を伸ばし、窓のカーテンを思い切り開けると、白く強い日差しが部屋に差し込んできた。

急いで起き上がり、出かける準備に取り掛か......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
可愛いなぁ

朝から癒される
カナ、土曜日の件はちゃんと自分から説明してあげた方がいいんじゃないかな

週末他の男の人と約束してたら彼が不安になるのとかわかりそうだけど

中途半端な匂わせすると、彼が離れていっちゃうよ
2020/06/27 05:3099+返信4件
No Name
狭間龍一、態度がとても失礼。
ルックスと経歴は良くても、こういう男性は嫌。
2020/06/27 06:0999+返信9件
No Name
健人が朝から念入りに身支度をするのが本当に微笑ましい。
2020/06/27 05:3499+
No Name
土曜日、何があるか知らんけど。
聞けばいいのに、、聞く前に話してあげればいいのに。コミニケーションが大事よ!
2020/06/27 06:0541
No Name
答え合わせの女の子よりこっちを応援したくなる。
純粋に好きな人の為に努力できる人って応援したくなるもんね。
2020/06/27 07:3025
もっと見る ( 26 件 )

【高嶺のカナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo