高嶺のカナ Vol.5

「どうやったら彼女を夢中にさせられる?」男が提案した“あるコト”に、女が喜んだ理由

「好きになった相手は、高嶺の花だった」。

もしもあなたが、手の届かないような存在の相手を好きになってしまったら、どうしますか?

石崎健人(27)が恋に落ちたのも、自分には釣り合わないと諦めていたような“高嶺の花”。

それまで身の丈にあった、分相応な人生を送ってきたはずの男が、憧れの女性を手に入れ、結婚まで漕ぎ着けた方法とは…?

◆これまでのあらすじ

それは2年前、健人が25歳の頃のこと。高嶺の花・花奈と交際をスタートさせたものの、これといった進展は特にない。そんな時、花奈が他の男と仲睦まじく歩いているのを見てしまい…。


−うわっ…。

仕事を終えた帰り道、健人が歩いていると、人目もはばからずイチャつくカップルが視界に入ってきた。

上目遣いで“大好きにゃん!”と言ってる女に、“僕も、にゃん!”と返す男。

耳を疑うような会話を繰り広げている強烈なバカップルを眺めながら、健人は複雑な気分に......


【高嶺のカナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo