ドクターKの憂鬱 Vol.1

ドクターKの憂鬱:「合鍵、もらってもいい?」医師が25歳の彼女と結婚を考えた矢先、実家に猛反対されたワケ

憂鬱(ゆううつ)―。

まるで曇り空のように、気持ちが塞ぎ込んでしまうこと。

失恋を経験した人だったら、少なからず経験したことがある感情だろう。

”ドクターK”と呼ばれる男も、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。

彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。

恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?


恋を忘れたドクターK、39歳


僕は、もう本気で人を好きになることはない。

20代の時にある女性と別れて以来、ずっとそうだ。あんなに好きになれる人は、きっともう現れないと思っているから―。



「影山、週末何やってんの?」

短い昼休憩中、病院の食堂でうどんを啜っていると、同僚が声をかけてきた......


【ドクターKの憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo